「やっぱり相談してよかった!」といわれ続けて9年の心の専門家

緊張とプレッシャーに弱い自分、物事がうまく運ばないのはなぜ?

それは、あなたの中にある「人生脚本」に無意識のうちに振り回されているから

  1. 性格を変える必要はない
  2. あなたはあなたのままでいい
  3. 人生の「事件・事故」で固定観念が出来上がる
  4. 「自分で自分のことを語る」→「自分で自分を味方につける」

「出張の前になると不安が強くてどうしようもない」「なぜか‟ここぞ”というときうまくいかず思い通りの人生を歩めない・・・」自分の行動パターンや感情の扱い方、思考パターンや価値観がよくわからず失敗パターンにはまってしまい、「どん底感」「八方塞がり感」を味わってしまう・・・、

そして常に緊張が抜けず生きづらさを感じていることでしょう。
それは、あなたの中に無意識のうちに「うまくいってはならない」という前提が作られているのかもしれません。

性格を変える必要はない

こんな性格だからうまくいかない→こんな性格は嫌だ→性格を変える必要がある
→変わりたい→けどムリ・・・というループにはまっていませんか?

性格を変えなくちゃ、自分を変えなくちゃ、、、というお声はたくさんいただきます。でも、性格を変える必要はありません。あなたはあなたのままでいいのです。性格を変えるというのは本来のあなたを消してしまうこと。どのみち、それは無理なんです。だから、苦しいし辛いはずなのです。あなたのその苦しみはもっともなことだったのです。

あなたはあなたのままでいい
変えるのは性格ではない

「性格を変える必要はないならどうするの?」そう思われるでしょう。では、あなたの思考パターンや、価値観を履歴を思い起こしてください。成長とともに、恋愛観、家族観、世界観・・・など増えたものもあれば、変化したものもありませんか?例えば、女性の場合・・・「私の彼氏は自分よりも10㎝背が高くないとダメ!」「結婚するなら、優しい人がいい」と18歳の時には決めていたかもしれません。ところが20歳を過ぎたら、「年収1000万円以上の人がいい」「大手企業に勤めているサラリーマンがいい」「年上が絶対いい!!」と変わったかもしれません。しかし20代後半になると、「家事が上手な人」「自分を受け止めてくれる人」「守ってくれる人」となり、たとえ結婚してもいなくても30代過ぎると「(次に)結婚するなら年下がいいな~」となってくるかもしれません。

こんな風に生まれた時から同じ価値観で生きてきたという人はいないはずです。変わってきたのは価値観や物の見方、それによってあなたの人とのコミュニケーションや態度も変化していると思います。

人間関係もコミュニケーションや態度で良かったり悪かったりと別れます。性格を変えるのではなく、価値観とコミュニケーションを変えることで人生が変わります。コミュニケーションを変えても「変わらないあなたらしさ」というものがあり、それが性格でもあります。そこは残しておきたいと思っているから性格を変えるのは無理がありますし、性格を変える必要もないのです。

初回半額!お試しカウンセリングについてはこちら

人生の「事件・事故」で固定観念が出来上がる
人生の「事件・事故」があなたの今を作っている

「いじめを受けてから不信感が強くなった」「親から兄弟と比較されてショック、それ以来、家族を信用できなくなった・・・」「親が助けてくれなかった、頼りなかった、だから親になりたくない・・・」「父親が暴力的だから男なんて大嫌い・・・」「母親が夜になるとフラフラ出歩いているのを見てから女が苦手・・・」などなど、これまでの人生で様々な「事件・事故」が起こって、あなたの中で、価値観が変化し「本心を隠したほうが無難」「本音を言わずに我慢したほうが自分は傷つかずに済む・・・」という、あなたなりの感覚が根付いてきたかもしれません。それで幸せなら良いのですが、苦しいのであれば、価値観の見直しが必要でしょう。でも、そんなこと変えられたくないし、誰かに指摘されたくもないことでしょう。

「自分で自分のことを語る」→「自分で自分を味方につける」

他人の声や、感情に大きく振り回されることなく自分の芯棒(軸)を作り、強めていくサポートが
カウンセリングです。

それは自分が自分であることを受け入れたり、自分がどんな人かを話しながら一緒に考え、うまくいったこと、いかなかったことを振り分けていくことで、トラウマの癒しや、あなたが本当にやりたいと思っていたことや、子どものころから抱いてきた、そもそもの「夢」に立ち返ることができるようになります。

それがあなたの「前進」であり、なによりも「自分の味方が自分」になります。

まずは傾聴、そして質問であなたの心を探り、あなたが封印しなかなか向き合うことのできなかった心の声に気づき、思い通りの人生を歩める自分の芯棒(軸)を作るサポートをさせて頂きます。

>>最新情報「自粛のため現在はオンラインカウンセリングにさせていただいております」

エトワールのコンセプト


目次

  1. どん底感の中で見いだせる希望や生きる力
  2. 希望は“いのち”のアンカー(錨)
  3. なぜかうまくいかない、夢や願望がなぜか叶わない
  4. 他人の目を気にせずに堂々としていい
  5. 心を知ることで不安は巨大化することなく解消できる
  6. エトワールの名前の由来

 

どん底感の中で見いだせる希望や生きる力
どん底感や八方塞がりに思えても、気持ちを整理すると新たな道や可能性が見えてくる。不要データを小さくしてメモリーを増やすのと同じです

今は情報も複雑でストレスを抱えやすい時代です。わたしたちはさまざまな問題を抱えても、それに対処していかなければなりません。しかし、ときにはそれは自分の限界を超えたものとなり、心身共に疲れきってしまうことがあります。とくに、誰にも言えない、誰もわかってくれないと感じるとき、その焦燥感と孤独感はわたしたちを苦しめます。

そんなとき、寄り添うように話を聴いてもらい、必要な気付きを与えてもらうことは、絶望的な状況の中で一筋の光が見えるようなものです。エトワールはそんな「一筋の光」のような、星のような存在でありたいと願っています。

>>お問合せはこちらから

希望は“いのち”のアンカー(錨)

遠い昔に書かれた聖典の中に「希望は“いのち”の錨である」という言葉が

振り回されても元に戻れるメンタルは自分に錨のような芯があってこそ

あるそうです。ストレスで辛く不安な気持ちの時、言ってみれば「嵐で荒れ狂う海の中で、自分の乗っている船が流されるままになり、さまよい、どこにいるのか、またどこに行きたいのかさえもわからない」そんな気持ちかと思います。

でも、「希望」があれば錨のようにしっかりと自分の船をあるべき位置に繋ぎ止め、やがて嵐が過ぎ去った時には自分にはちゃんと自分らしくいられる場所にいたことに気が付けるかもしれません。

私たちは「人は希望を見つけられれば、きっと星のように輝ける、たとえ一時的に輝きを失ったとしても」と思っています。そんな思いをこめて星を意味する「エトワール」という名前の「カウンセリングオフィス」を開設いたしました。

ここにお越しになるお一人お一人が「オンリーワン」の輝くご自分を見つけて頂けますよう、エトワールのスタッフ一同願っております。

なぜかうまくいかない、夢や願望がなぜか叶わない

周りはうまくいっているように見えるのに、なぜか自分だけうまくいかない・・・そのように悩むことがあるかもしれません。人の目が気になり、自分だけが惨めな気持ちになる、そして落ち込む・・・「なぜあの人はあんなにうまくいっているのに、自分は・・・」と思うかも知れません。

心のブレーキが強く働き笑顔を失い、何も感じられず、自分に対して厳しくなったり、他人に対して許せない気持ちがずっと続いているかもしれません。それなのに無理に笑顔を作っていませんか?

他人の目を気にせずに堂々としていい

「いつの間にか笑顔を失ってしまった…」「作り笑顔は辛くてやめたい」そんな声をよく聞きます。ストレスをためこみ、誰にも相談せずに頑張りすぎているあなた… その頑張りを少しゆるめてみませんか?一人ではその方法が思いつかないことでしょう。でも専門家の力を借りれば何年も蓄積されたココロの毒素を取り除き、本来のあなたの姿になれます。あなたが封印しこれまで向き合うことができなかった“心のメッセージ”に気づくことであなたの人生は想像以上に変わります。

>>お問合せはこちらから

心を知ることで不安は巨大化することなく解消できる

周囲の欲求に答えざるを得ない時代にあなたの中で作られた思考パターンや価値観が心の裏メッセージとなり

時にはあなたを不安に陥れて人生を狂わせることがあります。

そしてそれは潜在意識の中にひっそりと隠れていて気が付かないことが多いのです。

そこに気づき行動することで人生が思い通りになり、夢や願望を叶えることができるようになります。

またストレス性の体調不良からも解放され仕事の能率が上がり、暮らしに笑顔が戻ります。

逆に、潜在意識(無意識)の中からご自分のうまくいくパターンなどを意識できるようになれば・・・

あなたの夢や願望を何らかの形でかなえることができるようになります。

あなたがあなたらしく豊かに暮らせるためのお手伝いをエトワールでさせて頂きたいと思っております。

>>お問合せはコチラ(タップでページが飛びます)

 

エトワールの名前の由来

「エトワール」はフランス語で゙星”のこと。

バレエの階級ではトップのバレエダンサーを指すようですね。

「エトワール」は㈱Far-East-Consultingの代表取締役の “誰にも言えない悩みで苦しみ、生きづらさを感じる人のために この場所を安心安全の場として用いてほしい”という思いから生まれ、 “相談に来られる方達が自分らしく輝いてほしい”という願いが込められています。

お話を伺うほか、アートセラピーなどを使ってなかなか吐き出せない気持ちを表現することで気持ちの整理と感情の浄化を図ることもあります。

ぜひ一度覗いてみて下さいね。お待ちしております。