• 睡眠時間は十分とっている
  • 朝はきちんと起きれている
  • 食事もちゃんととれている
  • 仕事もいつも通りできる
  • もしかして運動不足かも、とジムに通う
  • ヨガや瞑想で気持ちを静めようとする
  • 自分へのご褒美でマッサージ、エステ、旅行、ショッピングに行く

それは一時的に気分を吹っ飛ばせるけれど
結局、日常は変わらず、慢性的にむなしさを感じている。

これは誰かに話した方がいいと思ってセミナー仲間や、家族、友達に話すけれど否定されるか、
受け止めてもらえない。

だから自分の中で自問自答を繰り返すけれど本当は誰かと話して消化したい。
そんな自分ともう向き合うときなのかな、と薄々感じているけれど、なかなか踏み出せない。

これまでやりたいことを叶えてきたけれど、まだやり切れていない感じがする。
本当にやりたいことは何かあるはずと思うけれどそれをじっくり考えるエネルギーや時間を見出す気力すらない。

コーチングを受けたが、一度、設定したら目標を変えられず、そのままになってしまった。
じゃあ、カウンセリングと思うと、これまで聞いた評判はただひたすら傾聴か、
講座のように一方的に話をされて終わるもの。

決まり切ったパターンのワークをされ、ダメ出しをされてしまう。
だから怖くて誰に相談したら良いのか分からない。

しかも過去ばかり聞かれて、辛いことを思い出し、余計に苦しくなってしまったこともある。
そうかと思うと占いや前世や神様が出てきて、あやしげな物の販売もあったと聞いている。
そのように感じていませんか?

田代裕貴のカウンセリングはここが違う

アクティブリスニングのスキルを使って聴いていくのでただ聴いて終わりにはならず、自分では全く意識していなかったことが話していくうちに引き出され、本当の問題が何かが明確になる

例:個人事業の美容師さま)
「話したいことを遮らず、否定せず、しっかりうなずきながら聴いてくれるので自然と話そうと思っていた以上の言葉が出てきます。“自分ってこんなこと考えていたんだ?!”と驚きつつ芋づる式で心の奥底に沈めていた感情や想いや、大切にしているものがあふれ出す、だから自分のことが知れた」とおっしゃったこの方は悩みの本質が分かって、今後どうしたいのかも明確になられたようです。「自分のことを知るってこんなに大事なんですね。その上、次に何から始めたら良いか具体的なところまで扱ってもらえるとは思わなかった」とおっしゃり、それからはどんどん行動に変えていかれました。

時には簡単に絵を描いてもらったり、手や足を動かしてもらうなどの非言語のワークをして頂くことで深層心理を知ることができる

例:アパレル業界の男性)
引退後は別荘を持って、後輩たちの相談の場にしたいけどお金や労力などで難しいだろうという男性。気になるものを置いてもらうと、ミニチュアハウスにかわいらしいミニチュアの動物の人形をたくさん置いて、「こんな風にみんなが出入りして話していってくれたらいいんだよな・・・」とつぶやく。そこで私が「ちょっとこの家、取り除いてみましょうか?」と提案。その方が家を持ち上げて取り除こうとした瞬間に「あー!!そういうことか!!」と叫ぶ。それは別荘など建てなくても、十分その男性の人柄にみんな相談に集まってくることに気付かれた証拠。そうすると未来の計画は変わってくる。別荘ではなく、後輩たちときちんと連絡を取り合い、いつでも相談に乗るから、というコミュニケーションを絶やさないこと、自分の健康を守ることだけ。その男性は大笑いをされ、「いやぁ、参ったな・・・。こんなことだったんだ。ありがとう!」と軽やかに帰って行かれました。この間はわずか10分程度。短時間で自分のとらわれていたことに気がついて次に何をすれば分かるのが特徴です。

過去だけではなく未来を扱い、自己実現に向けていく

例:ハンドメイド作家さま)
これまで、何人かのカウンセリングを受け、それでも自分がどの位置にいるのか、どの段階に来ているのかが分からず、迷子の状態でした。神経質で、色々と不安になることが多いのでカウンセラーから過去ばかり聞かれ、かえってストレスとのこと。でもお話の中で、今後、何をしていったらいいのか具体的な日常の計画から作るお手伝いをし、ストレスマネジメントをご提案しました。マイナスなこととプラスの出来事を運動会の紅白の玉入れの図を描いて、プラスは紅、マイナスは白の玉をそれぞれのかごの絵に書く日記をつけてもらいました。そして、白が多かったら、その日の中でなんでもいいからポジティブなことをこじつけて紅の玉を増やすようにアドバイス。それを続けていたらうそのように不安から楽になり、自分のブランド名も自分らしい名前をつけていかれました。

これまでの歩みの中で築かれてきたご自身の資産、知識、経験に対し別の観点から物事を見ることで可能性が広がりやる気も上がる

お客様の声:住環境アドバイザーさま)
自分ではもうこれ以上のアイディアはないと思って頭打ちになっていたご様子。そこで家庭のこと、将来のこと、などなんでもお話頂きました。その方の人生の歩み方から「これまでのその経験こそが仕事になります。東京オリンピックに向けてその情報を欲しがる人はたくさんいるのでは?」と提案させていただくと、ハッとした顔で「まさかこんな道があったなんて・・・。」と突然、つきものが落ちたような面持ちで帰られました。

こんなことをやりたいと思い描いていたものの本質が分かり、より明確なゴール設定に変えられる


お客様の声:オーガニック系の卸売業者さま)
男性が苦手、でもお客様は男性を相手にすることもあるから、売上などよりも男性恐怖を克服する目標でした。しかし最初の相談時に、そのことを話しながら実は問題はそこではなく、もっと自分自身を底上げしていくことや、世界の子どもたちに、この世のすばらしさを教えてあげたいという気持ちが強いことが分かり、目標を再設定となりました。その後はさらに自分を底上げするとはどういうことなのかを深めていくことで、オーガニック系全般の卸売業をしないかというチャンスが巡ってきて、さらに今はそのことに向けて邁進されています。

やりたいことに向かっている時に不安や恐怖が出たとしてもそれを無理やり押さえつけるのではなく、それも大事な自分の一部として扱い、不安を抱えながらどう前に進めるのかを提案できる

お客様の声:アーティストさま)
展示会の前になると、やらなければならないことが増えて、突然不安感に襲われて辛そうでした。そこでリラックスできるカラダの状態、特に血液循環や免疫力アップなどの言葉を引用したイメージトレーニングを作り、毎日聞いていただくことで毎回の展示会を乗り切っておられます。

どこが悪いかを矯正させるような指示をしない

お客様の声:ピアニストさま)
結婚して仕事と家庭の両立があって大変になった上に突然、家族の問題が降りかかりあるカウンセリングを受けたけれど、お説教をされて終わっているとのことでした。それでも通ってなんとか自分の問題を克服しようとされたいとご紹介で来られました。一通りお聞きしできそうなことをご提案したところ、「これが本当のカウンセリングですよね」とおっしゃり、その後は気持ちも問題も落ち着いてこられたようです。「否定せず肯定的に聴いてくれるので、自分が思ってもみなかった言葉が出てきて・・・。しかも、自分では言ったことを忘れていても先生は覚えていてくれてびっくり。私、そんなこと思っていたんだ。しかも結構、忘れてたと思いました」とお話しくださいました。それからは自分の本心や傾向に気付け問題解決に向けて行動し落ち着かれています。

ヒーリング、スピリチュアル、宗教は使わない​

お客様の声:IT系事業者さま)
自分の中で本当に何をやりたいのか分からず、勢いであるカウンセラーみたいなところに行かれたそうです。そこでは突然、ヒーリングをやると言われたため「そういうのは怪しいし、信じていないので絶対にやりたくない」と断ったそうでですが、そのカウンセラーは「ヒーリングじゃないから大丈夫。やってください」と言われ、断らなければならないストレスでからそれ以来カウンセリングが怖くなり、お友達のご紹介で来られました。

私はヒーリングやスピリチュアルなどは使いませんので、安心してお話しください。

お客様の声

 

  • これまでフリーランスの美容師として営業し、別のところでカウンセリングも受けていました。でも、空回りすることも多くなかなか思うような結果が出ませんでした。でも田代さんのカウンセリングの最初の一回目から、取引先の人とうまくいくようになり、お客様からもものすごく喜んでもらいリピーターも定着。受けていくごとにどんどん自分が本当は何をしたくて、どういう自分が幸せかがはっきりしてきました。これからビジネスの方向を美容師にとどまらずもっと大きな枠組みにしていきたいという気持ちに到達し、そのために自分自身を破滅的に頑張らずに底上げしていくことができました。こんなの本当に初めてです!ありがとうございます!
  • もうこれ以上頑張る必要もないのにキャパオーバーになるまで働く癖が抜けず、家族や仕事の人間関係でもストレスを抱えていました。でも田代さんのカウンセリングを受けてから、お客様から絶大な信頼を得て「あなたからなら」とお一人様から一回30万円の収益があり、自分でもビックリしました。
  • これまで、もう自分はこれ以上の人生はないとルーティンワークをこなしていました。でも偶然、先生のカウンセリングに出会い、受けてみることに。先生が明るく盛り上げてくださるので、ただ楽しくおしゃべりさせていただく中で、目標に向けての種になりそうなものを拾い上げ、それを掘り下げていってくださるので、あたりまえのように考えていたことに新鮮さや発見がありました。 そういう考え方と気づきで、自分の中の可能性が広がり、やりたい仕事の方向性がどんどん具体的になって行動に移せています

他にも・・・

  • 音や匂い、人混みなどがダメでいつもカラダがガチガチに緊張している状態。鍼灸院で体が機能していないと言われるほど、どうしようもなかったがイメージトレーニングで嘘みたいに血行が良くなった
  • 切迫性尿失禁で困っていたがイメージトレーニングを教わって強い尿意を緩和できるようになった
  • 薬を使わなければならないほどのひどい便秘だったが、カウンセリングのたびにスッキリするようになった
  • 自分の価値が分かり、アイディアが大きく広くなった
  • 自分が本当にやりたいと思っていたことのルーツが分かり、どこに向かって行動したら良いのか方向性が分かった片付けができるようになった
  • プライベートでもダメンズを選ばなくなった

実績

  • 厚労省の相談業務関連
  • 法務省の相談業務関連
  • 文科省、自治体の相談業務関連
  • 富裕層(長者番付の5位以内の方)の家族のカウンセリング
  • フリーランサーのメンタルトレーニング
    (アーティスト、イラストレーター、美容師、バリアフリーアドバイザーなど)

これまでの相談内容(個人セッション)

  • 事業の方向性
  • 働き方のバランス
  • 商品開発やリブランディング
  • 発達障害の家族とのコミュニケーション不全
  • アシスタントとの人間関係やコミュニケーション不全
  • 大切な家族、友人、資格などを失った
  • 不倫・浮気・男女関係
  • 災害被害、コロナの相談
  • 犯罪被害者・加害者の相談
  • 性風俗にお勤めの方の相談
  • 自死遺族者の相談
  • 自殺未遂者の相談

田代裕貴の想い

最初にメンタルに興味を持ったのは高校生の時。
音楽関係だったので、本番で自分らしい演奏をするのに緊張をコントロールするメンタルの力がほしいとずっと思っていました。

またモラハラ家庭で育ち、虐待を受けた過去があるため、自己評価も低い時と高い時とムラがあり、落ち込んでやっと這い上がったと思ったらまた頭打ちの連続。どんな時でも自分の存在価値を上げられるのは自分しかいない、自分の人生を豊かにできるのは自分だけ、と思いカウンセリングの学校の門をたたきました。そこで、たくさんの人たちが夢を叶え、幸せに向かって変化していくのを見てきました。でも、企業や一般の人たちには国や学校、企業で救済があるのに、起業家、個人事業主の方たちは、相談できるところがないと気づきました。その上、信頼できる相談の場が分かりにくく、一人で慢性的に空虚感を抱え、心の底から笑えないという実情を知り、なんとかならないのかと考えました。そこで、そのような方たちがより楽しく、より充実した人生になるお手伝いができればという想いをもっています。

よくある質問と解答

Qオンラインのみですか?
A対面、出張などもありますのでご相談ください

Qアドバイスをしてくれますか?
A基本、ご本人の中に答えがあるというスタンスですが、こちらから提案をさせて頂くことはあります

Q物販もありますか?
Aありません

Qコースの申し込みをしなければなりませんか?
Aお試しを受けて頂いて、必要と思われるコースなどの提案をさせて頂くことはありますが、絶対ではありません

Q秘密は守ってもらえますか?

Aもちろん、お客様の個人情報は漏らしません。ただし、命の危険がかかわっている場合、政府から個人情報の開示が求められるような場合についてはその限りではないことをご了承ください

Q精神疾患を持っていますが、受けられますか?
Aお医者様から了解を得て頂きますようお願い申し上げます。

他のカウンセリングやコーチングとの違い

過去ばかり聴くだけというカウンセリングではなく、どういう幸せを作るのか今後の行動を変えて未来を作るのが私のカウンセリングです。カウンセリングの終わりには「え!自分にもまだまだこんな可能性が?!」とスランプから自然に脱却できていることがほとんどです。

今、あなたの目の前には、2つの道があります。

ひとつは、これまでのやり方を自己流で続けていく道です。
それでもいつかは今の気持ちに折り合いがつくかもしれません。でも、何年も重い気持ちを引きずり続けることになる可能性も否定できません。

もうひとつは、専門家の力を借りて時間をかけずに今の状況から解放される道です。あなたの貴重な2時間を投資することで、きっとあなたらしい未来をはっきりイメージできるようになっていることでしょう。周囲からも「なんだか最近、活き活きしてるね」「スッキリした顔になったね」「笑顔がいつもよりもステキ」などという言葉を自然と聞くようになるはずです。さらにこれまで思ってもみなかった新たな価値が引き出されているかもしれません。

どちらを選ぶのも、あなた次第です。

楽しみながら変わっていきたいと考えているなら、ぜひ試してみることをおすすめします。

このカウンセリングオフィスへの想い

遠い昔に書かれた新約聖書へブル書6章19節の中に「希望は“魂”(命)の錨(アンカー)である」という言葉が振り回されても元に戻れるメンタルは自分に錨のような芯があってこそあるそうです。ストレスで辛く不安な気持ちの時、言ってみれば「嵐で荒れ狂う海の中で、自分の乗っている船が流されるままになり、さまよい、どこにいるのか、またどこに行きたいのかさえもわからない」そんな気持ちかと思います。

でも、「希望」があれば錨のようにしっかりと自分の船をあるべき位置に繋ぎ止め、やがて嵐が過ぎ去った時には自分にはちゃんと自分らしくいられる場所にいたことに気が付けるかもしれません。

私たちは「人は希望を見つけられれば、きっと星のように輝ける、たとえ一時的に輝きを失ったとしても」と思っています。そんな思いをこめて星を意味する「エトワール」という名前の「カウンセリングオフィス」を開設いたしました。

ここにお越しになるお一人お一人が「オンリーワン」の輝くご自分を見つけて頂けますよう、エトワールのスタッフ一同願っております。

エトワールの名前の由来

「エトワール」はフランス語で゙星”のこと。

バレエの階級ではトップのバレエダンサーを指すようです。

「エトワール」は㈱Far-East-Consultingの代表取締役の “誰にも言えない悩みで苦しみ、
生きづらさを感じる人のために この場所を安心安全の場として用いてほしい”
という思いから生まれ、 “相談に来られる方達が自分らしく輝いてほしい”
という願いが込められています。

お話を伺うほか、コラージュセラピーや、音楽、箱庭、アートセラピー
などを使ってなかなか吐き出せない気持ちを表現することで
気持ちの整理と感情の浄化を図ることもあります。

お気軽にお問い合わせください。お待ちしております。