​経営上の不安や、試合、コンクールなどの先の見えない本番を最後に乗り越えるのはメンタル!

経営者もアスリートも、アーティストも常に決断を下し、先の見えない不安との戦いです。
そして順調な時とそうでない時があるはずです。

 

どのようにして順調ではない時の不安を乗り越えていけるのか?
どのようにして順調なあの時のような状態を取り戻すのか?

 

そのような時にメンタルトレーニングは力になります。

エトワールのメンタルトレーニングとは

目標達成(コーチング)と問題解決(カウンセリング)の両方を融合させ、これに脳科学によるセラピーとコーチングを加えたこれまでにない新しいプログラム。個人史を紐解いて在り方を丁寧に扱うことでぶれないメンタルを作りあげます。

メンタルトレーニングというとスポーツ心理学を背景としたメソッドが一般的。
でも、エトワールでは主に経営者や個人事業主を対象にしたカウンセリングとコンサルティングを背景にしています。

目標達成

私たちが夢や目標を持った時、最初は好きで、興味があることからスタートしたはずなのに、続けていくうちになんだか続かなくなる・・・ということがよくあります。

ストレス、緊張、プレッシャー、不安、基本的努力や人間関係等の外的な要素から生まれる「マイナスの感情」が出てきて、目標達成の邪魔をすることがあるのです。
もともと脳は変化に弱く慣れるまでに3ヶ月かかると言われています。

そこで私どものメンタルトレーニングでは、カウンセリングやセラピーを用いることで、この目標達成の邪魔をする「マイナスの感情」としっかり向き合い、クリアにすることができます。

さらに脳科学に基づくアファメーションプログラムを加えることで、エトワールのメンタルトレーニングは夢を実現させるプログラムになりました。何のためにこの夢を叶えるのか、自分の使命と在り方に自分を徹底的肯定していくことに意識を向けた具体的な手法はすぐに使えるものです。

自分自身を深く理解し、感情をコントロールして、行動に移す。単に集中力が増し、本番に強くなるだけではなく、目標を達成する過程からより自分らしく、より幸せを感じることができ、夢をかなえる心の体質をつくることができるのです。

エトワールのアファメーション

目標達成を邪魔するこの感情や思考はなんなのかを書き出していきます。
その上で、あなたがリアルに目標達成している姿をできるだけ鮮明にイメージします。

そのような良い状態の自分自身を体の感覚、感情など細かく分析して言語化して
リラックスした状態のご自身に、その言葉を投げかけていく脳科学モデリングを
使った方法を取り入れています。

>>お問合せはコチラ(タップでページに飛びます)

コーチングとの違い

目標達成のために具体的にいつ、何をするのかを決め行動できた自分を承認していくのがコーチング。
しかし、それだけですと、目標達成するごとにこれまでの自分を手放す作業があるため
無意識のうちに心にブレーキをかけ、苦しくなることがあります。

このような状態を多くのコーチが「マインドが弱い」と言うことがあります。

しかし、脳科学的には目標達成のために行動しようとするとそれを邪魔する自分が表れるのは
もっともなこと。

人間の脳は新しいことが苦手。新しい自分になるのを手放すことをためらうことがあるのです。
だからこそ、ネガティブな感情をしっかりと見つめることは必要です。

私の行っているメンタルトレーニングは「何のために今の仕事(立場)を選んだのか?」
使命と在り方を見つめることが最重要と考えています。

自分のあり方を常に見つめていくことで、ぶれずに決断を下すことができるようになるのです。

 

そして、目標達成に向け、ネガティブな感情が起こったとしても、その都度クリアにして前進できる習慣を身につけて行きます。
さらには戦略的休息を取り、集中力を上げられる体の状態を作り、結果としてパフォーマンスを上げられる習慣とは何かを
一緒に考えて行きます。

時には、直接関係のなさそうなところを解決することで、スムーズに前進できることもあります。
例えばお子さんのこと、ご両親の介護のことなど経営や業務以外にもお悩みがあり、
誰にも言えずに引きずっていることもあります。

そのひずみの影響が仕事をギクシャクさせているかもしれません。
その場合、まずは先にそれらを解決し、経営に集中できる
環境を整えることでパフォーマンスが上がります。

 

​>>お問合せはこちらから(タップでページに飛びます)