プレミアム・メンタル・サロンについて

“量より質”を重んじ、「真価」を求める私。
そこには音楽のメロディーと伴奏のような「伴奏者」として
音楽を作り上げることを大切にしている私の信念があります。

もともと私は伴奏をアレンジして歌に合わせるコンサートが得意でした。
それには私がたくさんの伝記の中で学んだ「誰かをサポートする尊さ」や
「世の中に貢献することの素晴らしさ」という私の心や
「ハーモニーの美しさ」「チームワークの素晴らしさ」という私の
楽しみや幸福感が加わっているからだと思います。

 

そのような信念を元にこの「プレミアム・メンタルサロン」は作られました。

本来精神疾患の方のカウンセリングを目的とするカウンセリングは
時間を意識して話すことに重きを置いています。
ですからメニュー・料金は時間で区切られています。

しかし、私のプレミアム・メンタルサロンの場合は違います。
料金設定や時間の設定が1時間以上3時間までの枠の中で
メンタルの変革をサポートする事業です。

枠の時間より早く済めばそれで終わり。
でも最高3時間まではサポートさせて頂いております。


内容は、私が持っているセラピー類のお好きなものをチョイス。
お悩みの解決から目標達成まで、メンタルに関するワークを存分に
お選びいただいてゆったりとお時間を過ごして頂いています。

「海外旅行も楽しいけれど、やはり心につっかかっているものを棚卸しして
整理整頓する時間はとても贅沢だけど、とても必要。今まで気づけなかった
自分の思いに気づけました!」とよく言って頂きます。

あなたも海外旅行以上に大切にされているこのプレミアム・メンタル・サロンで
ゆったりと心の癒しや心の冒険、気づきと、さなぎから蝶へ変化するような変革を遂げませんか?


コミュケーションは人間同士の場合、自分とのコミュニケーションと

他人とのコミュケーションに分けられます。

自分とのコミュニケーション

これは私は本や音楽、絵を描くことで得られたことだと思います。

私は子どもの頃から、音楽に慣れ親しみ、物語よりも偉業を成し遂げた人たちの伝記や、

図鑑を読むことが大好きでした。特に好きだったのはエジソンとファーブル、

そしてイエス・キリストでした。音楽をやってきたのに科学者がなぜか好きだったのです。

 

エジソンは子供のころから変わりものといじめられていましたが

発明王と呼ばれることになったことに感動しましたし、

ファーブルは自然に恵まれた環境で子ども時代に観察眼を養い、

貧しい中一生懸命に勉強して博士になったという努力家であることを尊敬し、励まされていました。

 

そして、イエス・キリストは病気の人も外国人も、

貧しい人も富裕層も差別せず公平に接していた総合的人間力

という意味で私のメンターでした。

 

私が小学生のころに分からない言葉があったというだけで

同級生からは「そんなことも知らないのか」などと馬鹿にされた

ときこの3人が私のメンターとしてどんな見方をすべきか教えてくれていたと思います。

その経験後、人に聞かなくても調べられる国語辞典の存在が

私にとっては福音となりました。

「分からないな」という語句は国語辞典で調べられ、

ずいぶんと心の負担が減り、調べることが楽しくもなってきたのです。

 

さらに語源を調べて深い意味を探ることで私自身の中でも

一つ一つの言葉が深い意味を帯びるようになりました。

 

それが私の心に浸透して出来上がったプログラムが

言葉を使った自分とのコミュニケーション、

アファメーションプログラムです。

 

このプログラムは未来の自分への言葉のギフトを送るもので、

そこからモラハラのトラウマから脱却する方や、

生きがいの見出せない方が生きがいと自分らしさを

見つけられマンションを買ったり、

アトリエを借りたりと夢を叶えられています。

 

他人とのコミュケーション

他人とのコミュケーションにおいては私は特に病院で苦労しました。

もともと音楽が特技、でも楽譜通り弾くのは苦手(笑)ということで

音楽の道に進み作曲を学びましたが、脳腫瘍になり、

あまり音楽に力を傾けられなくなりました。

周囲に病気の大変さはなかなか理解してもらえず、

時には良かれと思っておっしゃってくださっているとはいえ、

傷ついたシーンはたくさんありました。

 

しかも当時はドクターハラスメントにも遭いました。
自分の病気や症状について話すことがいつも下手で、
うまく伝わらずに見当違いのお薬がでることも多々あったように思います。

 

 

しかし、心理学・脳科学・音楽療法とカウンセリング、
メンタルトレーニングの学びと実践でコミュニケーションが上手にできるようになり、
まず病院の診察に行くことが前ほど苦しくなくなりました。

さらにコールセンターのバイトでもセールストークで売上ナンバーワンになるまでに成長できました。
みんなが嫌がるアップセルトーク、これで私は成果結果を出して、自分でも驚きです。

病院で自分の症状を上手く伝えられなかったような私がセールストークで
売上を上げられるようになるのは夢のよう。

おかげで自身もつき、堂々としていられるようにもなりました。


今でも雑談はあまり得意ではありません。
でも必要な時に相手の会話の材料から話を広げたり、
辛い思いをしているお友だちになんて声をかけたらよいのかなど分かり、
私自身の心の負担が軽くなったことは事実です。

 

さらにろくに話せない英語でもなんとか外国人と触れ合いを
楽しむことができるまでになったのです。

これはコミュニケーションスキルを上げただけ。
英語力ではないのですね!

-****************************************************

コミュニケーションスキルが必要なシーンは、
ただの仲良しグループでのおしゃべりとは違います。

・「頼みにくいことを頼む」
・「断りにくいことを断る」
・「もの申す」
・「指導・教育の場」

人との関係を悪くしたくないからこそ、黙りこくって言いたいことが言えなかったり、
自分を守るためにしっかりと意見を言っただけなのに逆に煙たがられてしまったり…。

そのようなかみ合わない辛さをもうそろそろやめませんか?

 

ちなみに今まで私はこんな相談を受けてきました

・仕事で収入を上げる方法、成約率を上げる方法が分かっているのに行動できない
・仕事で売り上げが上がり始めると同僚からねたまれるから控えめになってしまう
・ 大きすぎるビジネスが降ってきて気持ちが付いていかない
・不動産業で起業し収入があり家族サービスしているのにプライベートが上手くいかない
・ クレーム対応の電話にへとへと
・大切なせ人を失い、もう会えない悲しみが辛い
・不登校
・アダルトチルドレン
・カサンドラ症候群​
・親兄弟姉妹などとうまくいかないのは自分が悪いのか?
・結婚関係がうまくいかないけど、どうしたら良いか?
・結婚したい!良いパートナーと出会いたい!
・束縛する母親から自由になるにはどうしたら良いか?
・父親の精神的、身体的な暴力に対する恨みと怒りを
・どうしたらよいか?
・自分に自信が持てず不安、自信が持てるようになるにはどうしたら良いか?
・職場の人間関係がうまくいかない、どうしたら対処できるか?
・友人知人との関係のこじれてしまいどうしたら良いか?
・ 親しい間柄にある人(親、親戚、兄弟姉妹、友人、恋人)の言葉の暴力はどうしたら良いか?
・大切な人や存在を亡くしてその辛さに耐えられない
・どんな仕事が向いているか分からない
・将来への漠然とした不安は何ですか?
・過去に受けた嫌がらせや暴力のトラウマから自由になりたい
・ 自分の仕事や行動パターンを変えたい
・ 健康のこと、自分の病気に対する不安を聴いてほしい
・人生の終わりを迎える家族の心のケア
・復職支援メンタルトレーニング
・性犯罪被害によるトラウマと二次被害(男性・女性)
・性風俗で働いているけどこのままで良いのか?
・ストカットしてしまう
・過去に性的なイタズラや嫌がらせを受けていまだに悩んでいる(男性・女性)
・不登校になりかけていてどうしたら良いか分からない
・会社で降格になり、会社に行きたくない、部下の目が気になる
・部下とうまくいかない
・上司とうまくいかない
・家族が発達障害の疑いがあり、診断は受けていないが対応に困っている
・配偶者と別れたいけど今さら別れられない
・両親の愛情表現が重い
・親が厳しすぎて、いまだに自由な人生を歩めない
・親に愛されず居場所もなく育ち、大人になった今、うまく人間関係を作ることが難しい

幅広いですが、自分自身や他人とのコミュニケーションスキルを活かしたのと、
子どもの頃に慣れ親しんだ伝記のメンターから学んだ在り方が
今の私を作っていると思います!

Far East Consulting 株式会社
CEO 高永雅嗣
COO 田代裕貴

心理事業部
エトワール・カウンセリング・オフィス
チーフ心理カウンセラー・コーチ・セラピスト・音楽療法士
田代裕貴(たしろ ゆうき)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

好きなこと:クラシック音楽(特にフランスやロシアの管打楽器の音楽)

趣味特技:音楽のアレンジ、ピアノ伴奏を時々やっています。あとはしばらく行っていないけど乗馬かな

好きなドラマ:
日本の推理、医療系ドラマ、ヒューマンドラマ、なぜか大奥、韓国時代劇、アンティークが出てくる西洋の海外ドラマがとにかく好き
「馬医」「イニョプの道」
「細雪」「弟の夫」
「BOSS 」「コードブルー」「ガリレオ」
「アボンリーへの道」「ドクタークィーン」
など

<過去のメディア出演>
◆ミニFM(crossFM)「The Walk on the brigt side」にゲスト出演(2018.2)
◆渋谷crossFM(2018.4月より)「The milk of humankindness」の番組でパーソナリティを務める