私の望みは、今カサンドラやDV、モラハラに
あっている人たちに、
自分なりの「シアワセのカタチ」をみつけてもらい、
せめて心だけでもいいから
自由な生活をしてもらう事です。
そのためにこのブログを書いています。

 

モラハラは言葉によって人を深く傷つける行為です。
原因は性格傾向か
発達障害、
解離制障害
人格障害などの
疾患によるもの
パーソナリティの
発育発達が未熟で
あることによります。
目的は支配欲、征服欲を満たすことです。
モラハラは表だって傷跡が見えないので
誰も被害にあっているとは思えません。
しかも被害者ですら気づかないことがあるのです。
私達の心には自己防衛の機能があるので
言われたことを忘れてしまうという現象がおこります。
だから、余計に混乱するのです。
家族が、夫がアスペルガーの場合、
◆自分が正しい
◆相手が悪い

と正論を曲げて当てはめてくるため<言われた側は
“自分にも悪いところが
あるから許そう”
と思ってしまいます。
カサンドラの方は
真面目で親切、柔軟な視点で寛大に物事を見ることができるので被害に遭ってしまうのです。
カサンドラ症候群の多くは
子どもやお年寄りのお世話が好きで
困っている人を放っておけません。
ある有名な恋愛カウンセラーは
“イイ女にはダメンズが付く法則がある”
と言っていました。
(その逆もしかり)
その法則通りカサンドラ症候群の女性は“イイ女”です。
カサンドラを脱出して“イイ女”としての
人生を送ろうではありませんか。
脱出方法は何も家を出るだけではありません。
でも私のクライアント様の体験記は
きっと参考になることでしょう。
ブログの体験記は編集してあります
↓↓↓↓↓↓↓
—————————————————-
私が子どもを連れて夫の家を出て実家に避難した時、
夫が実家にやってきました。
理解ある父は
「絶対会うな。会うことになっても第3者を入れろ」
と言ってくれました。
私は父に向かって
「子どもたちと温かい食卓を囲むこと。
それが私のシアワセのカタチなの!」
と父に何度も言いました。
気がつくとすごい剣幕で怒鳴っていました。
そうやって怒鳴る事により自分自身に
言い聞かせていたのです。
なぜなら
「夫に会って、もう一度話をしてみよう。」
という自分が半分いたからです。
そんな自分を追い払うため、
自分に言い聞かせるために
必死で自分の幸せのカタチを自分に焼き付けようと
とにかく焼き印をつけるかのごとく
何度も何度も何度も
父に向かって半分怒鳴り声で半分泣き声で
「私の幸せのカタチは…」と言っていたのです。
父は黙ってうなずいてくれました。
いつもはちょっと頼りない父が、
その時はとても大きく見えました…。
そんな中で私は
“夫に対する恐怖”と“もう一度話したい”
という葛藤を抱え
苦しんでいました。
つづきはメルマガで
クライアント様が提供して下さる
カサンドラ脱出体験記は
メルマガの中で
公開させて頂きます
女性限定です。
↓↓↓↓↓↓

 自宅でできるメンタルケア12日間無料メール講座の購読申し込みはこちら

関連記事はコチラ

 

 

LINE@はじめました!

お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

↓↓↓↓↓↓↓

LINEお友だち登録

      またはこちら

         ↓↓↓↓

 

★エトワールのカウンセラー田代裕貴のプロフィールはコチラ

★ホームページはコチラ

 

★お問合せはコチラ

 

 

 

友だち追加
匿名でご相談いただけます
↓↓↓↓↓↓

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚