▲エトワールという紫陽花だそうです。私のカウンセリングルームもエトワールです。
お花がお星さまみたいですね。
さて

「私はカサンドラ症候群ですか?」

よくある質問です。

鬱になって初めて「自分はカサンドラ症候群かも!」と気づくことが多いのです。

妊娠・出産時に分かることが多く、医師から「旦那さんが変わればうつは治りますよ」と言われます。

アスペルガー(自閉症スペクトラム)は社会生活に不自由が無ければ診断名は出されません。

社会生活とは“仕事に行けない”“仕事ができない”などです。

家で何が起ころうと、本人が病院に行かない限りその診断名は出ないのです。

診断名は薬の点数を出すためのものなので、家でひどいことが起きていても、病院ではあまり解決を教えてくれないのです。

その被害を信じてもらえないことすらあります。

カサンドラ症候群はアスペルガーの夫、アスペルガーの父親またはその可能性のある人がアスペルガー特有の(自閉症スペクトラム)

・空気が読めない

・ストレスマネジメントができない

・融通が利かない

・自分を守るために相手を罵しり、侮り、言葉でしつこく人を傷つける

 

 

などのモラハラに遭いつつ誰からも助けの手を差し伸べられない、そんな状況に苦しみ心身の不調を訴える人たちのことです。

 

 

 

そしてアスペルガーの人たちには、生きづらさの理解や支援が進んでいるのに

カサンドラ症候群の人への支援がないのが現状です。

 

 

 

私はこの理不尽な現実に何かできることがないか模索しつつ、

支援のプロジェクトをかつてのクライアント様のご協力のもとで進めています。

 

 

 

その進展のご報告とメンタルケアの講座を同時進行でメルマガの中でお伝えして参ります。

 モラハラ・カサンドラ脱出体験記は無料メール講座でご案内しております。

LINE@はじめました!

お得な情報をお届けしますので、

下記のリンクから友だち追加してみてください。

↓↓↓↓↓↓↓

LINEお友だち登録

      またはこちら

         ↓↓↓↓

★エトワールのカウンセラー田代裕貴のプロフィールはコチラ

★ホームページはコチラ

★お問合せはコチラ

友だち追加
匿名電話で
ご相談できます
↓↓↓
専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング