エトワールで目指していること

今は情報も複雑でストレスを抱えやすい時代です。

わたしたちはさまざまな問題を抱えても、

それに対処していかなければなりません。

しかし、ときにはそれは自分の限界を超えたものとなり、

心身共に疲れきってしまうことがあります。

とくに、誰にも言えない、誰もわかってくれない

と感じるとき、その焦燥感と孤独感は

わたしたちを苦しめます。

そんなとき、寄り添うように話を聴いてもらい、

必要な気付きを与えてもらうことは、

絶望的な状況の中で一筋の光が見えるようなものです。

エトワールはそんな「一筋の光」のような、

星のような存在でありたいと願っています。

 

>>カウンセリングについて聞いてみる

友だち追加

 

希望は魂のアンカー(錨)

遠い昔に書かれた聖典の中に「希望は魂の錨である」という言葉があるそうです。

ストレスで辛く不安な気持ちの時、言ってみれば

「嵐で荒れ狂う海の中で、自分の乗っている船が流されるままになり、さまよい、どこにいるのか、またどこに行きたいのかさえもわからない」

そんなお気持ちかと思います。

でも、「希望」があれば錨のようにしっかりと自分の船を

あるべき位置に繋ぎ止め、やがて嵐が過ぎ去った時には

自分にはちゃんと自分らしくいられる場所にいたことに

気が付けるかもしれません。

 

私たちは「人は希望を見つけられれば、きっと星のように輝ける、

たとえ一時的に輝きを失ったとしても」と思っています。

そんな思いをこめて星を意味する「エトワール」という名前の

「カウンセリングオフィス」を開設いたしました。

ここにお越しになるお一人お一人が

「オンリーワン」の輝くご自分を見つけて頂けますよう、

エトワールのスタッフ一同願っております。

>>カウンセリングについて聞いてみる

友だち追加

辛い時、落ち込んだ時にあなたの心に響くストーリーを

いじめられた時、辛い時、悲しい時、落ち込んだ時、あなたに聞いてもらいたい
辛い経験を乗り越えて成功した人生の先輩たちのライフストーリーインタビュー

ラジオ番組「THE MILK OF HUMANKINDNESS」は落ち込んだ時に
そっと温かいミルクを差し出され、“自分は一人ではない”と思えた
そんなお話から付けられた番組の名前。

この番組は、

・かつていじめられた
・虐待にも遭っていた
・うまく進学できなかった
・家庭の事情で仕事を辞めざるをえなかった
・政治上のどうしようもない出来事に巻き込まれて大好きな仕事を失った…

などの様々な経験を乗り越えて自分らしく生きている方たちのインタビュー番組です。

どうかこの成功者たちのお話からも励みを得て頂きたいと思っています。

>>これまでの番組はコチラ
(タップでページに飛びます)

エトワールの名前の由来

「エトワール」はフランス語で゙星”のこと。 バレエの階級ではトップのバレエダンサーを指すようですね。 「エトワール」は㈱Far-East-Consultingの代表取締役の “誰にも言えない悩みで苦しみ、生きづらさを感じる人のために この場所を安心安全の場として用いてほしい”という思いから生まれ、 “相談に来られる方達が自分らしく輝いてほしい”という願いが込められています。 お話を伺うほか、アートセラピーなどを使ってなかなか吐き出せない気持ちを表現することで気持ちの整理と感情の浄化を図ることもあります。 ぜひ一度覗いてみて下さいね。お待ちしております。