こんにちは。

カウンセラー&メンタルトレーナーの田代裕貴です。

 

自粛でこもりっきりの生活で増えたのはDVと聞きます。

中でも暴力ではなく声を荒げて「俺が働いているからお前は生きていられるんだろ!」

「誰のおかげで生活していけていると思っているんだ!」ということを言うのは、すでにDVの心理的虐待の定義です。

 

DVはドメスティックバイオレンスの略。つまり家庭内で起こっている暴力です。

たとえ身体的暴力でなかったとしても、それと同等の心理的反応が出ているはずです。

 

例えば・・・

 

夫のちょっとしたしぐさや物音にビクッとして、しばらくその緊張感が体から抜けない。

ネチネチ、ぐちぐち言われた時の嫌な感覚を現実起きているかのように思い出す・・・

思い出したことで心臓がバクバクする、手に汗を握る、生唾が出る・・・

 

このような体の反応が出るのは、あなたの中で体が「非常事態宣言」と出しているからなんです。

なぜ、家族の間でこんなことが起こるのか

ときどき、「家族なのにどうしてそんなことを平気でできるのか?」という人がいますし、
中には相談したときに「家族なんだし、少しくらい我慢しなさいよ」と言われます。

でもその「家族」というものの見方が人によって違うことや、言っていることとやっていることがほど遠いということに
気づいていない、ということ自体に目がいかないことがあります。

妻からすると「家族はお互いが近い距離で理解しあい、平和を保つように努力する間柄」
と思っていたとしても、

モラハラをする夫にとっては「家族は奴隷、自分の世話をし、言うとおりに動く生き物である。
その分の対価は家を提供し、金を稼ぐことで十分払っている」という感覚を持っています。

そして「これくらい言っても構わない。だってなんでも話せるのが家族だから」という甘えがエスカレートし
ストレス処理場として妻や子どもを利用しているのです。
しかも多くは自覚がありません。自覚がないので、指摘を受けると逆切れするか、その場はとりあえず誤って許してもらい、なかったことにする、
ということの繰り返しになります。

中には非行少年の延長の場合も

よくこれまで普通だった子どもが思春期に入り、ある日突然、眉毛を剃ってしまった、
髪の毛の色を変えてしまった・・・

万引きで捕まった、学校に行かなくなってしまった・・・

とびっくりすることがあるという話を聞くことがあるでしょう。

その要因の一つが、「親に構ってほしい」ということのサインだという話も聞いたことがあるかもしれません。

 

親に気付いてほしくて、目立つことをやる・・・それが例え悪いことであったとしても・・・

ある意味、愛情が欲しくてやる場合はサインに過ぎず、きちんと対応していけば問題行動は収まるので自然で健全とも言えるかもしれません。

 

そしてあなたにモラハラをするのも、実はそのような愛情が欲しい、構ってほしいの欲求が不健全な形で現れ、中身が子どもで未熟なままの状態なので、「モラハラ」によって構ってもらっている感覚があるのかもしれません。

 

ではそのような場合、どんな考え方をしたら良いのでしょうか?

犯罪は犯罪、許されない

未熟であること、考え方が幼いこと、子どもであっても年齢とともに善悪を学んでいるはずです。
殺人はダメ、暴力行為も捕まる、万引きも犯罪、一通りニュースで犯罪を耳にしていますし、会社の規則などでは、守秘義務や情報漏洩などについても学んでいるため、犯罪が分からないわけではないはずです。

でも言葉の暴力が犯罪というところに考えが至っていません。

例え、中身が子どもで構ってちゃんであっても思春期の子どもではないのです。
この場合、やっていることは法に触れる、ということを身をもって知る必要があります。そこで、まずはっきりと相手のやっていることは間違っていると心の中で定めてください。

そのうえで最優先に考えていただきたいのが、自分の身の安全を守ることです。物理的に離れることが一番です。その場合、詳細は法律の専門家に聞くのが一番ですが、その前にどうしたいのかを必ず弁護士さんにも聞かれます。

方向性を決めていくのにカウンセリングで気持ちや事柄の整理をして話すべきことを決めてから相談されるのがおすすめです。
しかし子どもがいる、経済的に夫に頼らざるを得ないなどの理由で難しいことも出てくると思います。
その場合、心の距離をいかにとるか、いかに振り回されないかが大切になります。その場合は自分の軸を作ることがとても大事です。
それはカウンセリングによってああでもない、こうでもないと迷いながら自分なりの方向性を見つけていくしかありません。
というのは、寝食を共にした時間が長ければ、今はさほど好きでなかったとしても、また嫌悪感を感じたとしてもいざ離れるとなると後ろ髪を引かれるのが人間です。

警察に相談すればいい?

どんなに警察に助けを求めても、「この人とはもう一緒にやっていけない」という覚悟をもたないと「ただの夫婦のもめごと」という扱いで終わり、助けてもらうことはありません。ですから、気持ちをどう持っていくか、どう決めるかが大切です。私は無理に離婚や別居を進めることはまずいたしません。一緒に過ごすことを決められたならそれはそれで尊重します。命の危険がない限り、ですが・・・。

 

まずはお気軽にカウンセリングでご相談ください。

初回半額たっぷり2時間カウンセリングは今すぐココをタップする

そして離婚の前にまず別居、と考えたい方はこちらをご覧ください

↓ ↓ ↓

(こちらをクリックで弁護士サイトに飛びます)離婚前に【別居】という選択肢もあり。準備しておきたいことから別居中の注意点などを解説

iQiPlus