パワハラは一般的に職場で起こる嫌がらせを指し、

行う側に自覚がなく、本人のためだと本気で思っていたりします。

そしてミスを注意する行為が度を超えて、

嫌がらせの域にいってしまいます。

でもパワハラを行う側には”嫌がらせになっている”

意識がないことがほとんどです。

被害者は誰にも相談できずに

“職場を辞めるしかない”と考えてしまいます。

そして、ひどいと”生きていたくない”と

すら考えるようになってしまうこともあります。

​しかし、同じパワハラに遭っても大丈夫な人と

そうでない人がいるときがあります

。実はそこには被害者自身が過去に家族から

傷つけられた経験があり、

相手がその家族に似ていることから

恐怖感を呼び起こしていることもあります。

その当時の心のダメージと体の反応が

相手の態度と言葉で蘇ってくるのです。

その場合はイメージセラピーや

ゲシュタルト療法などで

心のデトックスをすることもあります。

>>パワハラについて聞いてみる ​